About Motherのつぶやき...

funky123.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:介護の仕事( 11 )

新潟研修

五日間の新潟での研修でした!
皆さん温かい方ばかりで...
楽しい方ばかりで...
意欲的な方ばかりで...
荒木先生の心温まるメッセージが皆のハートにしみ込んでいました
先生のアウトサイダーな考え方が...
ノーマライゼーションが自然に肌から感じてきましたね〜
介護福祉論...素敵な授業でした!
e0010820_919274.jpg

[PR]
by funky123h | 2006-08-06 09:22 | 介護の仕事

シルバーアンサンブル

e0010820_21381566.jpg

我が施設でのイベントでした
二ヶ月に一度やって頂いているライブです!
リンゴの歌から始まり...16曲程やって頂きました。
最後はペチカでした。
利用者の皆様真剣に聴きながらも楽しんでいまいて...
最近、男性の方の参加者が増えて歌詞をみながら熱心に歌っていました。
とても頼もしい感じで嬉しいですね!
[PR]
by funky123h | 2005-11-13 21:44 | 介護の仕事

9/11 慰問ライブ

2ヶ月に一度の日曜日に
”シルバーアンサブル”バンドが慰問ライブに来てくれます!
60歳を過ぎてからバンドを組んだそうで...
何かをはじめたい!
何か出来るのでは...!と、
新たな挑戦をされたそうです。
素晴らしいですね!
入所者の方達はとても楽しみにしています。
今回の演奏は
e0010820_23375060.jpg

世界の国からこんにちは
オン ザ サニー オブ ザ ストリート
旅の夜風
夕やけ小やけ
茶色の小瓶
旅愁
里の秋
家路(新世界より)
ダイアナ
野崎小唄
夜霧のブルース
夏の思い出
ムーン ライト セレナーデ
月の砂漠
炭坑節
シング シング シング

皆さん一緒に歌ってました!
楽しい一日を感謝します!
e0010820_23391554.jpg

[PR]
by funky123h | 2005-09-13 23:43 | 介護の仕事

理学療法士のタマゴさん!

昨日の”にゅるにゅるライブ”で歌ってくれた右側の方は学生さんです。
彼は、我が施設に実習生で来てくれてまして...
やっと29日で終了しました。
一度だけリハビリー室で会っただけでしたが、
なんと、施設のイベントの夏祭りで”遠山の金さん”をやってくれてまして
入所者の心を見事に捕らえていました!
恥ずかしがらず、堂々と金さんを演じていて
一人一人の入所者に優しく話しかけている姿を拝見して
気取らず、純粋な言葉が伝わったのでしょう〜!
入所者さんの姿は公開できないので残念ですが...
みなさん、本当に良い笑顔でした。
彼のような方が、理学療法士さんでいてくれてたら
きっと毎日楽しくリハビリーが出来ると思います。
支えてくれる方が、魅力に溢れてるって頼もしいしいし...
病など吹っ飛びま〜す!
ジャパニーズ・パッチ・アダムスですね!
これからも、沢山の方をhappyにして下さいね!
久しぶりに素敵な青年に出会いしました!
e0010820_2342764.jpg
e0010820_2351290.jpg
e0010820_2345457.jpg

[PR]
by funky123h | 2005-07-31 02:37 | 介護の仕事

アコギの”にゅるにゅるライブ”

ハ〜イ! 今日はいつもと違うおもしろ”にゅるにゅるライブ”でした!
「ふるさと」を皆で歌ってスタートしました。
皆さん、ハーモニカのメロディーだけですぐ歌ってしまってましたね〜
e0010820_2125219.jpg
e0010820_21291852.jpg

「青い山脈」もかなりカッコ良くアレンジして...
熱く歌ってくれてましたぁ〜!
入所者で左半身が動かない方も熱心にタンバリンを叩いてくれてましたね〜
懐かしい歌を皆で合唱するって...いい感じ。
彼達の歌が魂に響いたのでしょうか〜?
楽しいいひと時でしたね!
[PR]
by funky123h | 2005-07-30 21:38 | 介護の仕事

”にゅるにゅる”ライブ

今年度は、我が施設でのレクリエーション活動は音楽を中心としていこう〜と決めました!
今年度に入りまして、だいたい一ヶ月に一回以上は必ずライブを企画しています。
明後日は、アコスティックギター&ハーモニカのライブです。
男性2人のユニットで、理学療法士のタマゴさんと、スポーツインストラクターの職員です。
長渕剛の好きなお二人が、熱く歌ってくれるそうです!
入所者の反応が楽しみですね!
”にゅるにゅる”の意味がよくわかりませんが...ポスターを作ってみましたぁ〜!
e0010820_14524011.jpg
もし! 我が施設で、演奏してもいいぞ!という方がいらっしゃいましたら....どうか宜しくお願いします。
[PR]
by funky123h | 2005-07-28 14:56 | 介護の仕事

映画会

今日は、映画会でした!
私は、介護の仕事もしてますが、だいたいレクリエーションの事で頭がいっぱいです。
6年程前に研究発表で、認知症専門棟での「グループレクリエーションの導入について」をテーマーで行いました。もちろん今現在も続けております。
”健康体操グループ” ”アロマグループ” ”作業グループ” ”お話グループ”の四つのグループです。その方の落ち着くレクリエーショングループに入ってもらい、個別に対応をします。
徘徊する方は、体操グループでゲームや身体を動かす事を積極的に行い気分転換を図ります。
アロマグループは、鼻、目、耳、口、肌の五感を刺激しながら、帰宅要求の方や訴えのある方にスキンシップを図りながら対応します。
作業グループでは、昔から手作業をする事が好きな方で女性が多いですね。スタッフと共に季節の装飾を作ります。
お話グループは、やはり回想法を取り入れながら、見かけ作業をしている方や、妄想での会話をする方に懐かしい話をしながら、受容していく対応をしています。
一つのグループは10〜11人ぐらいです。スタッフは一人です。
でも、今ではスタッフも慣れてきて、コーヒーを飲みながら懐かしい話をするのが一番楽しいようですね。穏やかに心の話や、思い出を話せる事は素晴らしいと思います。
私はこの仕事での夢は、施設と家庭とのバリアフリーな生活です。
いずれは私達も直面する問題です。
積極的に沢山の方の知恵を頂いて介護する人、介護される人の信頼性をスパイラルパワーで確立していきたいですね!

今日の映画会は「ドリフの全員集合!」の映画でした。
90分だったので、途中で離席する方もいましたが最後まで観ていた人は1/2ぐらいでした。
だいたい50分ぐらいがベストなんですが、なかなか短編映画がないですね。
前回は、綾小路きみまろ/爆笑! エキサイトライブを上映しましたが、ほとんどの人が最後まで観てました。この作品は30分で最高に良かったですね!

e0010820_0405088.jpg

[PR]
by funky123h | 2005-07-22 00:51 | 介護の仕事

幸せタイム

7月17日(日)は、二ヶ月に一回演奏に来てくれる「シルバーアンサンブル」のライブでした。
ドラム以外の方は、全員60歳以上の方達です。
ベースの方は、なんと最近ベースを始めたそうです。
でも、レパートリーは80曲ぐらいあるのでは...素晴らしい!
ジャズから、唱歌、演歌、童謡、ポピュラーまで...ジャンルを問わずに演奏してくれます。
お年寄りの皆さんは、懐かしい曲がかかると踊りだします!
e0010820_23234974.jpg
e0010820_23241228.jpg

[PR]
by funky123h | 2005-07-21 23:24 | 介護の仕事

幸せな事ですぅ〜

先日、7月13日(水)は、なんと仕事場の施設に、”タマドリームオーケストラー”のバンマス、テナーサックス奏者の佐藤進さんと、
クラッシックピアニストでいらっしゃる高島真琴さんとの”デュオ・ライブ”をやって頂きました〜!
もう〜素晴らしい演奏で...会場がシ〜〜ンとして...誰一人離席する方は無く....
歓声が挙がったり、涙してたり、も〜う...そこは、素晴らしいコンサート会場になっていました。
また、佐藤さんの、魅力的な声と容姿?  みんなうっとり...で〜
もちろん、テナーサックスの音色でダブルうっとり〜でした。
高島真琴先生のピアノを弾かれる姿が美しく素晴らしい訳で...
皆さん、身体全体でメロディーを聴いてましたね!
施設始まって以来の素晴らしいピアノ演奏で、スタッフ全員癒されました。
永遠な伝説になりそうです。


e0010820_1112562.jpg
e0010820_12022100.jpge0010820_1204219.jpg
お忙しい中、本当に来て頂き感謝の気持ちでいっぱいです!
e0010820_1325441.jpg

[PR]
by funky123h | 2005-07-21 01:35 | 介護の仕事

パジャマ効果?

夜勤帯の時は、必ず徘徊や訴えのある人がいます。
もう、90歳を過ぎてるおばあちゃまも
「あの〜私はお母さんとお父さんに会いたくて...今電話してくれますか?」
お掃除を仕事としていたおばあちゃまは、
「お風呂に入りたいから...お風呂場はどこ?」
昔俳優さんだった方は
「ロケがあるんだよ〜いったい俺をここに閉じ込めてどうする気だぁ〜警察呼べ!」

「私は、ここにきて食べさせてもらってなくて...死にそうなの」
「出口はどこ?」  「まだ幼稚園の子どもがいるのよ...お迎えに...」

もうそれはそれは...認知症43名の方の人生の歴史を合計すると...
3000年以上あります。その中でも思い出として重みのあるものは貴重です。
日中はスタッフの人数もいますし、日課に追われあれよあれよと過ぎていきますが...
夜はゆっくりと時は過ぎます。スタッフは2名です。
8年前に認知症専門棟ができまして、初めは試行錯誤で大変でしたが...
今では、とても良い経験が出来て人生って素晴らしいと思うくらいです。
ケアーの仕方でその方の問題点が解決していくんですね!
その中で、入床前のコミニュケーションとしてパジャマを着ながらスキンシップを図る。
着てるもの脱ぐ行為はあまり好きではないのです。
でも、敢えて警戒してる行為に飛び込みます。
はじめは、「何するんですか、私のものを盗むんですか?」でしたが...
「かわいいパジャマですね〜子どもに戻ったように...良い夢がみられるかも...」
「パジャマに着替えたら、みんなで集まってパジャマパーティーしましょう」
「これに着替えたら、身体が軽くなって気持ち良いです」
「やっぱりね〜寝るときはねまき!疲れが取れます!」
などなど....言いながらすると、あれよあれよと着てくれて...
お布団を掛けて、耳元で「良い夢を!」と言うと、ほとんどの方が
「ありがとう!おやすみ!」と言ってくれます。
安心する事が一番なのです。
子どもの頃、母の膝で頭をなでてもらいながら寝るのが一番安心で好きでした。
いくつになっても、誰かに愛されてるって安心です。
パジャマを着たからいいのではなく.....
その時の言葉を一枚の布として掛けてあげる事が大切だと思います。

今度の夜勤は何しようかな?
[PR]
by funky123h | 2005-07-08 14:56 | 介護の仕事

いいかげんな人生から生まれる..ウソのようなホントの話?


by funky123h
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31